Masami Nagasawa

長澤まさみ
 
  2000年1月、第5回東宝シンデレラにて35153人の中から、みごとグランプリに輝く。
  応募のきっかけは、知り合いだった生田智子さんの「応募してみたら?」の一言。
  デビュー作は映画「クロスファイア」。
 
  私がまさみちゃんを知ったのは、東宝シンデレラの予選の終わった頃でした。 雑談程度に東宝シンデレラの予選の話が出まして、「へぇ、小学生も居るのか」という話になりました。 その中の一人にまさみちゃんを見つけまして、かなり気になっていました。
  そして、1月10日付(だったと思う)の新聞を見て、
「あ、この子か!Σ( ̄□ ̄;)!!」という驚きが。 まさか本戦進出の決まった段階で気になっていた子がグランプリを獲るとは思ってもみませんでした。
  そしてその週、偶然にも仕事で静岡県に出張に行くことになりました。
  静岡には、地方紙で「静岡新聞」というのがあります。 その15日付夕刊にまさみちゃんが出ているのを偶然発見。
  それを見た瞬間、あまりの偶然さに運命!?を感じました。(笑)
  こうして、オーディションの予選突破時からずっと応援し続け、今に至っております。

 
 
Chihiro Otsuka

大塚ちひろ
 

2000年1月、第5回東宝シンデレラにて審査員特別賞受賞。
 
 
 
 
  ちひろちゃんの名前は、まさみちゃん関係の話の上で、時々耳にはしていました。 しかし長年、基本的にまさみファンでその一緒のオーディションで選ばれた子という認識しかありませんでした。
  そんな状況を変えたのが、MBSのドラマ「ショコラ」でした。
  最初、このドラマを見たのは偶然でした。 そして情けないことに、最初、「千夜子役=大塚ちひろ」というのがわかりませんでした。(^^;
  オープニングのキャストを見て「あ、この子が大塚ちひろなのか。」と初めて気付く始末。
  そしてこの「ショコラ」、最初は時々家に居たときにしか見ていませんでしたが、そのうち家に居ない日はビデオに録ってまで見るようになり、気付いたら、それはドラマ見たさよりもちひろちゃん見たさで録画していました。
  「ショコラ」がなかったら、頭の中には未だに「単なるまさみの同期」という認識しか無かったかもしれません。
 
トップへ